浜端ヨウヘイと今の時代を生きるシンガーソングライターたち

浜端ヨウヘイと今の時代を生きるシンガーソングライターたちへようこそ

山崎まさよし、浜端ヨウヘイ、山下達郎、宇多田ヒカル、小田和正、家入レオ、大槻ケンヂなどと、日本には数多くのシンガーソングライターが存在しており、その数はアイドルブームである現在においても年々増えてきています。このサイトではそんなシンガーソングライターについて様々な事を真摯に考えていきたいと思います。

浜端ヨウヘイと今の時代を生きるシンガーソングライターたち

路上ライブすゝめ

山崎まさよし

シンガーソングライターと言えば彼は外せない

 シンガーソングライターと言えば、山崎 まさよしと斉藤和義なイメージがありますが、それだけに山崎まさよしの存在は絶対的なイメージとして、誰の心にもあるかと思います。そんな彼ですが、一般的にはギタリストとして知られているものの、アコースティックギターやブルースハープの名手としても知られており、あらゆる楽器を弾きこなすマルチプレイヤーとしても有名で、作品によっては全ての楽器をこなしていることもあるのです。天然パーマや曲の雰囲気からは感じられないほどの技巧派です。また、意外に思われるかもしれませんが、一番最初に始めたのは地元での太鼓の演奏が最初だと語っており、当時はドラマーとして様々なバンドを掛け持ちするほどの人気を博していたそうです。しかし、実力はともかくとして若干おっちょこちょいなところがあり、音楽オーディションと俳優のオーディションを間違え、なんだかわからないけど最終選考に残ったはいいが、「新人歌手のオーディションじゃないから残念だけど」と審査員特別賞を受賞するなどという無茶苦茶なところもあります。

 そんな彼の波瀾万丈な来歴を少しだけみていきましょう。

来歴

 小学校3年の手前まで草津市で暮らしている彼は、滋賀県大津市で生まれで、八歳の時に漸く山口県防府市に移ります。引っ越し先の友達の影響で地元の太鼓の練習を始め、中学生になってからは本格的に音楽活躍がスタートしました。その当時はドラマーで、様々なバンドから引っ張りだこの人気ドラマーだったそうです。

高等学校を卒業した後は、しばらく厨房で労働するなどの経験を積んだ上で、平成2年頃から日中は中関港のマツダ防府工場で、船内の自動車をベルトで固定する荷役の労働に従事して、夜は周南市にあるライブハウス「Boogie House」でライブ活躍をするという日々を1年半過ごしていたそうです。

 この「BoogieHouse」に出演交渉に行った際に、「ライブをやりたいけど、どういうスタイルでやればいいのか分からない」と悩んでいた山崎に対して、当時のマスターである森永正志(平成24年食道ガンで逝去)は「ブルースはどうか」と、カセットテープにライトニン・ホプキンスを吹き込み手渡しました。山崎はカセットを聞き非常に感銘を受け、ギターの弾き語りと作詞・作曲、いわゆるシンガーソングライターとしての活躍を本格的に始めるようになったのです。その後も森永との師弟関係は続いて、後に山崎は公式ファンクラブを立ち上げることになった際に、このライブハウスの名前から「BOOGIE HOUSE」と名付けるまでに至っています。

 勿論その頃から実力派であったため、プロへの道も順風満帆であったかと思われがちですが、平成3年にオーディションを受ける際に、レコード企業「キティ・レコード」と映画製作企業「キティ・フィルム」を混同してしまい、キティ・フィルム主催のアクター・オーディションを受けてしまうというミスをやらかしてしまいます。その俳優オーディションは応募者が1000人を超えるという大規模なものではあったのですが、それが音楽でなく俳優のオーディションだと山崎が始めて気づいたのは、同年7月に行われた東京での最終審査の直前であったといいます。

 最終審査の場において、山崎は自作の歌である「Rough Rock'n Roll Boogie」「中華料理」を歌って、「新人歌手のオーディションだったら間違いなく合格」という評価を受けたものの、歌手ではなく、俳優のオーディションであったが為に、審査員特別賞を受賞しただけで終わってしまいました。

 しかしその後、「歌える役者が欲しい」という目的で審査をしていた音楽プロデューサーが、山崎に声をかけたことによって、平成5年春にはキティ・レコードと契約・上京することが内定してしまいました。

 しかし、なんとお呼びがかかっていたものの、帰郷後デモテープ制作に没頭してしまい、平成4年10月になって漸く上京。上京直後はその音楽プロデューサーの家(恵比寿)に居候し、程なく横浜市桜木町に居を構え、マネキン人形運びのアルバイトをする傍ら、オリジナル曲の制作も行いつつ、ライブハウスへの出演や杏子へ楽曲提供、CMソングの仕事や永瀬正敏・三上博史のアルバムにスタジオ・ミュージシャンとして参加する等下積み時代を過ごしていました。

 平成5年11月、RCサクセションの「トランジスタ・ラジオ」のカバーシングルを、キティレコードからリリース。平成6年(1994年)3月からはフジテレビ系深夜番組『寺内ヘンドリックス』に準レギュラーとして出演。この時期、山崎自身のアルバム・レコーディングも開始されたが、キティ・レコードの経営悪化に伴い、山崎のデビュー話が浮く形になります。山崎を見出した音楽プロデューサーはキティ・レコードを退社。その音楽プロデューサーが別のレコード企業に山崎を売り込みに行き、山崎はひたすら創作に没頭するという「不遇の時代」を過ごすこととなってしまいます。なお、この音楽プロデューサーは後に山崎のチーフマネージャーになっています。

 その後、平成7年初頭になってポリドール・レコードと契約がまとまり、同年9月にシングル「月明かりに照らされて」でメジャー・デビュー。平成8年(1996年)2月、セカンドシングル「中華料理」をリリース。4月には、約2年のレコーディングを経て完成したファースト・アルバム『アレルギーの特効薬』を発表しました。本作品の思い出として、後にインタビューでは「ただ出せるだけで嬉しかった」と、思い入れの深さを語っています。同年9月には、後にSMAPがカバーすることになる「セロリ」をリリース、12月にはイベント・ライブ「Act Against AIDS」に参加しました。その後、平成9年(1997年)1月、初の主演映画である『月とキャベツ』(監督・篠原哲雄)が公開されます。映画のテーマ曲「One more time, One more chance」は徐々にチャートを上昇するロング・ヒットとなっていき、一躍知名度が上がり、最終的にはオリコンチャートにて高順位を記録することとなったのでした。

俺ら、東京さ行ぐだ

楽曲作品

インディーズ

シングル

トランジスタ・ラジオ 平成4年
  • 月明かりに照らされて(Single Version)
  • 中華料理
  • One more time, One more chance
  • 関係ない
  • 二人でパリに行こう(「ふたりでPARISに行こう」原曲。)
  • 坂道のある街

メジャー

シングル

  • 月明かりに照らされて 平成7年9月25日 Rough Rock'n Roll Boogie セゾンカード CMソング
  • 中華料理 平成8年2月25日 週末には食事をしよう
  • セロリ 平成8年9月1日 ××しようよ 平成9年にSMAPがカヴァー
  • One more time, One more chance 平成9年1月22日 妖精といた夏 映画『月とキャベツ』主題歌
  • のちにC/Wを変えて再リリース
  • アドレナリン 平成9年5月8日 レイン ソング YTV系『どっちの料理ショー』テーマ曲
  • 振り向かない/ガムシャラ バタフライ 平成9年10月22日 両A面シングル 日産パルサー CM曲(M-2)
  • 水のない水槽 平成10年5月13日 ドレッシング TBS系『CDTV』OP曲
  • 僕はここにいる 平成10年11月11日 お家に帰ろう YTV系ドラマ『奇跡の人』主題歌(M-1)「ハウスシチュー」CM曲(M-3)
  • Passage 平成11年10月14日 江古田
  • やわらかい月 平成12年2月16日 ヌイチャイナ シンドローム NHK水曜ドラマ『ただいま』主題歌
  • 明日の風 平成12年7月5日 Catalog maxell キャンペーンソング(M-1)「カゴメ・野菜生活100」CM曲(M-2)
  • Plastic Soul 平成13年5月23日 愛のしくみ 他 「カゴメ・野菜生活100」CM曲(M-2)TBS系『エクスプレス』テーマ曲(M-4)
  • 心拍数(通常盤) 平成14年5月29日 セロリ、One more time,〜 ライブ音源のみのシングル
  • 心拍数(北海道編) 平成14年5月29日 Fat Mama 他 限定生産
  • 心拍数(東北編) 平成14年5月29日 六月の手紙 他 限定生産
  • 心拍数(関東編) 平成14年5月29日 窮鼠猫を噛め 他 限定生産
  • 心拍数(信越・北陸編) 平成14年5月29日 手をつなごう 他 限定生産
  • 心拍数(東海編) 平成14年5月29日 低気圧ボーイ 他 限定生産
  • 心拍数(近畿編) 平成14年5月29日 ただ ただ… 他 限定生産
  • 心拍数(中国編) 平成14年5月29日 ステレオ 他 限定生産
  • 心拍数(四国編) 平成14年5月29日 カルテ 他 限定生産
  • 心拍数(九州・沖縄編) 平成14年5月29日 愛のしくみ 他 限定生産
  • 全部、君だった。 平成15年3月19日 OVER THE RAINBOW 三菱COLT CM曲(M-2)
  • 未完成 平成15年5月21日 Security
  • 僕と不良と校庭で 平成15年10月22日 最後の海 日本テレコム「超える」キャンペーン曲
  • 僕らは静かに消えていく 平成16年5月19日 Non Ignition 花王製品 CM曲
  • ビー玉望遠鏡 平成16年8月18日 十六夜 海外ドラマ『サード・ウォッチ』主題歌(M-2)
  • メヌエット 平成17年4月13日 「メヌエット」Acoustic Ver. ロマンシング サガ -ミンストレルソング-

イメージソング

  • 8月のクリスマス 平成17年8月24日 銀幕にこんがらがって 映画『8月のクリスマス』主題歌
  • アンジェラ 平成18年5月17日 long yesterday 映画『アンジェラ』オマージュ曲(M-1)EX系『生きる×2』テーマ曲(M-2)
  • One more time, One more chance『秒速5センチメートル』 Special Edition 平成19年3月3日 「One more time,〜」
  • 真夜中のBoon Boon 平成20年3月12日 幸せのBefore & After 他 CX系ドラマ『あしたの、喜多善男』主題歌
  • 深海魚 平成20年6月22日 - NHK土曜ドラマ『監査法人』主題歌
  • Heart of Winter 平成20年12月10日 Greeting Melody ハウス食品「ウコンの力」CMソング
  • 春も嵐も 平成21年4月1日 ア・リ・ガ・ト 他 ハウス食品「ウコンの力」CMソング
  • HOBO Walking 平成22年7月28日 シングルマン 他
  • 花火 平成22年9月29日 君と見てた空 他 ゆうちょ銀行 CM曲(M-2)
  • 太陽の約束 平成24年5月2日 あなたしか知らない朝 他 ダスキン企業CM「見えないものも、美しく。篇」CMソング(M-2)キリンフリーCMソング(M-3)平成23年ユニクロ メリノセーターTVCMソング(M-4)
  • アフロディーテ 平成24年8月1日 ひかる・かいがら 他 キリンフリー夏バージョン CMソング(M-3)
  • 星空ギター 平成24年11月28日 太陽の約束 (Acoustic Ver.) 他
  • アルタイルの涙 平成25年6月26日 星空ギター 他 NHK時代劇「妻は、くノ一」主題歌
  • 心の手紙 平成26年6月11日 - 映画『春を背負って』主題歌

オリジナル・アルバム

  • アレルギーの特効薬 平成8年4月1日 「心拍数」「パンを焼く」「根無し草ラプソディー」
  • HOME 平成9年5月21日 「ベンジャミン」「One more time,One more chance」「ヤサ男の夢」
  • ドミノ 平成10年12月23日 「僕と君の最小公倍数」「僕はここにいる」
  • SHEEP 平成11年11月26日 「Passage」「やわらかい月」「審判の日」
  • transition 平成13年6月27日 「Super Suspicion」「手をつなごう」「区役所」
  • アトリエ 平成15年6月25日 「レイトショウへようこそ」「全部、君だった。」
  • ADDRESS 平成18年6月28日 「道化者のチャーリー」「晴男」「バス停」
  • IN MY HOUSE 平成21年5月13日 「マイシューズ」「深海魚」「5月の雨」
  • HOBO's MUSIC 平成22年10月27日 「HOBO Walking」「花火」
  • FLOWERS 平成25年9月18日 「太陽の約束」「アフロディーテ」「星空ギター」「アルタイルの涙」

プライベート・アルバム

  • ステレオ 平成8年11月4日 「ツバメ」「セロリ(prototype)」「コイン」
  • ステレオ平成9年11月27日 「Good morning」「あじさい」「星に願いを」

カバー・アルバム

  • COVER ALL YO! 平成19年10月31日 「True Colors」「Daydream Believer」 洋楽カバー集
  • COVER ALL HO! 平成19年10月31日 「M」「SWEET MEMORIES」 邦楽カバー集

ライブ・アルバム

  • ONE KNIGHT STANDS 平成12年9月25日 初回盤4枚組、通常盤2枚組 全国津々浦々
  • Transit Time 平成14年5月29日 シングル計10タイトルが同時発売 全国津々浦々
  • WITH STRINGS 平成18年3月29日 初回盤はDVD付 日本武道館
  • Concert at SUNTORY HALL 平成23年9月28日 DVDが同時発売 サントリーホール
  • HARVEST ~LIVE SEED FOLKS Special in 葛飾 2014~ 平成27年4月22日 通常盤とファンクラブ&LIVE会場限定の豪華盤が発売 かつしかシンフォニーヒルズ

ベスト・アルバム

  • BLUE PERIOD 平成17年9月21日 平成7年から平成15年までの全シングルA面集(限定盤除く)+ 1
  • OUT OF THE BLUE 平成17年9月21日 シングルB面 + 初CD化&レア・トラック集
  • BLUE PERIOD-Complete SOUND + VISION PACKAGE- 平成20年12月10日 平成7年から平成18年までの全シングルA面集 + 映像集
  • The Road to YAMAZAKI 〜the BEST for beginners〜 平成25年6月26日 アコースティックギターの弾き語りを中心にセレクト、リマスタリングした企画盤

サウンド・トラック

  • 『8月のクリスマス』 オリジナルサウンドトラック 平成17年8月24日 「夏の写真館」「8月のクリスマス(short edition)」
都内ライブハウス情報
「痛い!」と歯を食いしばる施術は、カラダにとってかえってストレスに。かといって、「痛くない」=「弱いだけ」では意味がありません。整体 渋谷代官山コンディショニングは心地よいソフトな手技で施術いたします。

楽曲提供

  • オルケスタ・デ・ラ・ルス 地上に砕け散った恋は… 海太 山崎将義 相川等
  • 杏子 地団駄 杏子 山崎まさよし 山崎まさよし
  • 杏子 迷路の街 杏子 山崎将義 辻剛
  • 高橋洋子 どこかにあるよ 並河祥太 山崎将義 松浦晃久
  • 元ちとせ オーロラの空から見つめている HUSSY_R 山崎将義 山崎将義
  • 元ちとせ ひかる・かいがら HUSSY_R 山崎将義
  • bird 散歩しよう BIRD 山崎まさよし 山崎まさよし
  • TOKIO 逢いたさはつのるだけ 石川華子 山崎まさよし 森俊之

主なカヴァー曲(CD/DVD化済)

  • タイトル オリジナル歌手 収録作品 備考・主な披露歴
  • All My Loving ビートルズ COVER ALL YO! BS-i 『山崎まさよし おんがく』
  • CROSSROADS ロバート・ジョンソン ONE KNIGHT STANDS
  • Daydream Believer モンキーズ COVER ALL YO! Augusta Camp 2007
  • Englishman in NewYork スティング COVER ALL YO!
  • OVER THE RAINBOW ジュディ・ガーランド 全部、君だった。 三菱・コルト CM曲
  • Stand by Me ベン・E・キング OUT OF THE BLUE 麒麟ラガービール CM曲
  • STRAWBERRY FIELDS
  • FOREVER ビートルズ 全部、君だった。 初回盤DVDにライブ映像収録
  • ジョン・レノン スーパー・ライヴ2002で杏子と共演
  • SWEET MEMORIES 松田聖子 COVER ALL HO!
  • Augusta Camp 2003〜SUMMER of LOVE Augusta Camp 2003ではスガシカオと共演
  • さらば恋人 堺正章 the popular music
  • COVER ALL HO! Augusta Camp 2007
  • NHK 『SONGS』
  • 少年時代 井上陽水 Augusta Camp 2003〜SUMMER of LOVE スガシカオと共演
  • 津軽海峡・冬景色 石川さゆり Concert at SUNTORY HALL ワンコーラスのみ
  • 月 桑田佳祐 COVER ALL HO! BS-i 『山崎まさよし おんがく』
  • どこまでも行こう 小林亜星 OUT OF THE BLUE ブリヂストン CM曲
  • 見上げてごらん夜の星を 坂本九 星のかけらを探しに行こう
  • 〜福耳・札幌交響楽団コラボレーション〜 福耳のライヴDVDに収録

主なカヴァー曲(未CD化)

  • Every breath you take
  • (邦題: 見つめていたい) ポリス
  • FAITH ジョージ・マイケル BS-i 『山崎まさよし おんがく』
  • First Love 宇多田ヒカル
  • You've Got A Friend キャロル・キング J-WAVE 平井堅「歌バカ」スペシャル内
  • あなた 小坂明子 Augusta Camp 2008
  • あの鐘を鳴らすのはあなた 和田アキ子 COVER HALL TOUR 2007
  • NHK-FM放送 『ライブビート』
  • 雨あがりの夜空に RCサクセション 音楽番組『SONGS』
  • 襟裳岬 森進一 BS-i 『山崎まさよし おんがく』
  • 飾りじゃないのよ涙は 中森明菜
  • 勝手にしやがれ 沢田研二 Augusta Camp 2005 10th Anniversary LIVE
  • 北酒場 細川たかし Augusta Camp 2006
  • ジェラス・ガイ ジョン・レノン ジョン・レノン スーパー・ライヴ2002で杏子と共演
  • 時代おくれ 河島英五
  • ス・ト・リ・ッ・パ・ー 沢田研二 COVER HALL TOUR 2007
  • NHK-FM放送 『ライブビート』
  • ダンシング・オールナイト もんた&ブラザーズ Augusta Camp 2006
  • ともだち 坂本九
  • はじめてのチュウ あんしんパパ BS-i 『山崎まさよし おんがく』
  • COVER HALL 2007
  • NHK-FM放送 『ライブビート』
  • ひとりぼっちのあいつ ビートルズ 三人の侍ライブ
  • 星降る街角 敏いとうとハッピー&ブルー Augusta Camp 2006
  • 真夜中を突っ走れ ジョン・レノン ジョン・レノン スーパー・ライヴ2002でトータス松本と共演
  • Monkey Magic ゴダイゴ 彩Presents 『ザ・スーパーシート』
  • ルビーの指環 寺尾聰

秒速5センチメートルでの印象が強い人も

 あまり曲を聞かないという人も、新海誠のアニメーション映画「秒速5センチメートル」のエンディングで非常に印象に残っているという人も多いかと思います。勿論通常の楽曲も素晴らしい物ばかりですが、タイアップ曲やCM曲、そしてカバー曲などでも、その技術の高さと人柄と、曲のメッセージ性で耳を楽しませてくれる非常に魅力的なアーティストです。音楽オーディションと俳優オーディションの会場を間違えるなどというミスをやらかしていながらも、ちゃっかり最終審査まで残った上、曲を弾き語り、ちゃっかり賞を受賞しているということからも、その実力は折り紙つきで、今後の活動が最も楽しみなシンガーソングライターだと言えるかと思います。