浜端ヨウヘイと今の時代を生きるシンガーソングライターたち

浜端ヨウヘイと今の時代を生きるシンガーソングライターたちへようこそ

山崎まさよし、浜端ヨウヘイ、山下達郎、宇多田ヒカル、小田和正、家入レオ、大槻ケンヂなどと、日本には数多くのシンガーソングライターが存在しており、その数はアイドルブームである現在においても年々増えてきています。このサイトではそんなシンガーソングライターについて様々な事を真摯に考えていきたいと思います。

浜端ヨウヘイと今の時代を生きるシンガーソングライターたち

路上ライブすゝめ

理想の玄関、お庭を手に入れてみませんか? エクステリア デザインをお客様のイメージするお庭を設計・施工することに特化した弊社、今こそ希望していたマイホームを実現させましょう!
裁判の適正を確保する為の活動も行なうのが仙台 弁護士の役目もある、専門的で特殊な職業なのです。

現在シンガーソングライターとされるものとは

らしいと言われるものはやっぱりアコギ

 最近では、シンガーソングライターと呼ばれる言葉自体が、かなり汎用化を極めてしまっている為、その定義は非常に難しくなってきています。しかし、そんななかでも、ある程度誰もがシンガーソングライターらしいというのは、フォークやブルースなどをアコースティックギターを用いて演奏しながら歌う弾き語りスタイルなのでは無いかと思います。そんなアコースティックギターによる弾き語りですと、真っ先に名前が上がるのはやはり山崎まさよしと斉藤和義なのではないでしょうか? 他にも浜端ヨウヘイ、人によっては星野源などを上げる人もいるかもしれません。そんなアコースティックギターによる弾き語りなどを得意とする彼等ですが、実際には、マルチプレイヤーで様々な楽器を演奏できる人であることが多いです。

俺ら、東京さ行ぐだ
emuがお客様にとって “明日への活力”になるサロンになれることを祈っています。

音楽のジャンルとして

 やはりシンガーソングライターとなるとフォークのイメージが強いみたいですが、斉藤和義の場合ですと、デビュー当時は「フォークソングなんだかなんだんだかよくわからない」と言われていたそうで、実際にレコード会社や事務所などは売り出し方に悩んだそうです。特に現在では、どれもブルースと言われており、斉藤和義に関してもロックガレージロック、ブルースロック、ポップ・ロックにカテゴライズされています。浜端ヨウヘイも山崎まさよしもブルースですね。元々これはアコースティックギターの弾き語りを基本とした、アフリカ系アメリカ人の愛だから生まれた音楽の一つなのですが、元々は労働歌であったものが、若者の恋愛や、生活に則したものへと日本向に当てはまっていったものなのではないでしょうか?

マルチプレイヤーとしての才能

 マルチプレイヤーとは、主にポピュラー音楽において複数の楽器の演奏が出来る演奏家の事を指す言葉ですが、実際に山崎まさよしなどは、ギターだけでなくドラムや、ハープなど、その曲を作る上で必要な楽器は一通り全部弾けるそうですし、また浜端ヨウヘイもギターとピアノなどを非常に高い技術で演奏出来ます。また、斉藤和義もギターとハーモニカの他様々な楽器を弾きこなしています。

 星野源は言わずもがな、様々な楽器を弾きこなすだけでなく、俳優業や作家業、また自分のPVの編集などといったものまでをこなすなど、才能がマルチすぎて恐ろしい人物です。

都内ライブハウス情報

どうしてマルチプレイヤーが多いのか?

 個人的に思ったのは、曲と歌詞と歌をやるというもっともシンガーソングライターらしいシンガーソングライターになるためには、やはりどうしてもマルチな才能が必要になってしまうという事があるかと思います。特に歌詞に関しては作家業や俳優業にも繋がるところがありますし、実際に山崎まさよしが間違えて受けた俳優オーディションにおいても、審査員特別賞を受賞していることから、恐らくは全てにおいて才能を発揮できる人が、偉大なシンガーソングライターとして活躍しているとするのがダダしいのではないかと思い始めています。

 特に複数の楽器を上手く弾きこなすということはそれだけでも、あらゆるものに対して真摯に頑張っていく姿勢や、それ自体を楽しむことが出来ないとどだい無理なことですので、そう言った基質なども一種のシンガーソングライターの定義としてあるのかもしれませんね。